橡樹 向日葵の即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 4 1636字 409.0字 50.0%
30分 1 745字 745.0字 100.0%
総合 5 2381字 476.2字 60.0%

ユーザーアイコン
作者:橡樹 向日葵 お題:純白の冬休み 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:745字
彼女が僕に初めて話しかけてきたのは、夏が終わろうとしていた頃だった。クラスでも目立たない僕に話しかける人は少なく、半年近くの時間が経ったこの時も、クラスの半数以 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
私の走る理由 ※未完
作者:橡樹 向日葵 お題:嘘の血 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:377字
走れ、走れ、走れ、走れたった数時間前まで、私は彼と笑い合っていたはずなのに。今はそれだけが、その思いだけが私の思考を支配していた。額から汗が流れ、目に入る。焼け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
輪廻 ※未完
作者:橡樹 向日葵 お題:優秀な部屋 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:360字
広い空間。果てしなく広がる空間。白く、広大な空間。何もない、ただ空間のみのこの場所。いきなり僕はここにいた。あれ?ここに来る前は何してたっけ。とボケたことを考え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:橡樹 向日葵 お題:希望の彼女 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:450字
ピンポーン!!!!軽快に玄関のインターホンが鳴った。某巨大通販サイトから、商品を発送したというメールが届いたのは昨日。相変わらず仕事が早い。「それではこちらにご 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:橡樹 向日葵 お題:煙草と熱帯魚 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:449字
水槽の奥に一人の男が座っていた。数時間前からだろうか。何度も何度も、煙草に火をつけては消してを繰り返す。今では銀色の灰皿は山のようになっていた。「ママ。これ、も 〈続きを読む〉