匿名さんの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 18436 10046260字 545.1字 69.8%
30分 6364 5439959字 854.8字 74.1%
1時間 2330 3160969字 1,356.6字 80.9%
2時間 960 1385694字 1,443.4字 85.6%
4時間 807 1134506字 1,405.8字 84.8%
総合 28897 21167388字 732.7字 72.6%

ユーザーアイコン
傷の貯金 ※未完
作者:匿名さん お題:傷だらけの貯金 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:692字
彼と初めて会ったのはいつ頃だったでしょうか。たまたま授業で隣の席になり、お話する機会があったのです。彼は本当に優しいお方でした。頭も良く、性格も優しく、非の打ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:信用のない血痕 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:309字
「犯行現場に血痕があったとする」「唐突ね」 彼女は目をぱちくりさせる。だが、食事の手を緩めることはなかった。「非常に重要な証拠だ。もしかしたら犯人に繋がる手がが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:信用のない血痕 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:1049字
日本国って海洋国です。ある程度の経済規模がある同じような国って、イギリス、オーストラリアぐらいですが、この2つは造船業に関してはそれなりの実力を持っています。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ラブレター ※未完
作者:匿名さん お題:儚い軽犯罪 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:447字
駄菓子屋で一人の少年がきょろきょろと回りを見渡している。 ーーあからさまに怪しい……。 どうやら奥の方にいる私の姿は入口近くにいる彼には見えていないらしい。 私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:これはペンですか?違うわ、それは誰か 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:607字
「……しまった」 営業に向かう途中、私はポールペンのインクを切らしていることを思い出した。道中で購入するつもりだったのだが、うだるような夏の暑さがその思考を奪い 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ぐちゃぐちゃの稲妻 制限時間:4時間 読者:7 人 文字数:338字
ぐちゃぐちゃな稲妻はまっすぐ着地する。着地した後どこに行くかというとわからないが、ただただ進んでいく。ぐちゃぐちゃな稲妻はこの場所を見る。ぐちゃぐちゃな稲妻はこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:許せない春 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1264字
春が落ちてきた。こう書くと、わざとらしく大きな溜息でも1つついて、「おいおい君、季節は巡るものであって、動いたり落ちたりするものではないよ」なんて苛立ちげに言わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:自分の中のところてん 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:597字
俺は○○。普通の社会人だ。もう一度いう、普通の社会人だ。ただ一点を除いては。その一点というのは、信じてもらえないかもしれないが、俺の手の甲のアザに「ところてん」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:勇敢な、と彼は言った 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1010字
そう、確かにテリーは勇敢だった。ただそれは残念なことに、あふれる勇気からくるようなものじゃなかった。奴には足りないものが一つあって、それが無いゆえの行動が勇敢に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:東京笑顔 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:373字
私は、田舎から出てきたばかりのオタク女子こんな私に友達ができるだろうかと、不安を抱えながら心配させまいと秘めたままそんな尽きない私の悩みは解決しないまま、これか 〈続きを読む〉