匿名さんの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 16748 9209174字 550.1字 69.7%
30分 5806 4996910字 860.6字 74.8%
1時間 2167 2966829字 1,369.1字 81.0%
2時間 867 1271524字 1,466.6字 86.0%
4時間 747 1033682字 1,383.8字 85.0%
総合 26335 19478119字 739.8字 72.7%

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:魅惑のマンション 制限時間:4時間 読者:4 人 文字数:2205字
空を見上げた。なんとなく、見上げた。本当に意味なんかなかった。 ドサッと。その瞬間、空から何かが落ちてきた。「…………。…………え?」 人が落ちてきた。 その 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:輝く男祭り! 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:202字
ヤレドッコイショードッコイショー\ドッコイショードッコイショー/ソーランソーラン\ソーランソーラン/ヤーーーーーーーレンソーランソーランソーラン\ハイッハイ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:今度の過ち 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:1114字
僕は間違えてばかりだ。いつもいつも、大事なところで間違えてしまう。それが僕の最大の欠点で、けれど長所でもあった。 いつだったか、旅行に行く朝、集合場所を間違え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
めも ※未完
作者:匿名さん お題:小説家たちの任務 必須要素:ちょんまげ 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:2096字
僕たちの出会いが偶然だったら良かったのに。どうしても僕は、そう思わずにいられないんだ。 王子はそう言いながら、彼女の首に手をかけた。 そのまま、彼女の首元に下 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:神のサラリーマン 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:333字
まるで神様のようだ、と拝まれる営業の男がいる。ようだ、ではなく、本当の神様――――らしい。ただ本人が言っているだけだから。 彼曰く、本来なら周囲に福をばらまく 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:どこかの食事 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:376字
ふわりと漂う湯気が鼻腔をくすぐる。くぅ、と切なく鳴いた腹の音に向かいに座る男は苦笑した。「食べてもいいんだよ?」優しく促され、恐る恐る用意されたスプーンを手に取 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:純白の動揺 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:291字
「今日からチームに入ることになった上木君だ。みんな仲良くしてやってくれ」 リーダーは快活な笑顔で新人を紹介すると、その生意気そうな新人の背中を押した。 押さない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:蓋然性のある蟻 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:2086字
一度読んだ小説の内容を忘れたことがないのが、僕の小さな自慢の種ではあったわけだけれど、翻って自分の過去の出来事を思い起こそうとすると、それがどうにも曖昧なことに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
漫才師 ※未完
作者:匿名さん お題:平和と死 必須要素:三つ巴 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:441字
昔々あるところに、衣吹とじじぃという売れない漫才師がいた。じ「こんばんは~。」衣「どうも~。昨日はは戦後70年でしたね~?」じ「戦争なぁ?……ワレワレハ~(^_ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:茶色い神様 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:358字
四月一日、エイプリルフール。桜は来たる入学式に備え蕾を大きく膨らませている。はっきり言って憂鬱だった。入ってくる一年坊達のキラキラした目と引き換えに、僕はまたあ 〈続きを読む〉