匿名さんの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 16515 9087891字 550.5字 69.7%
30分 5665 4898438字 864.7字 74.7%
1時間 2141 2937855字 1,372.2字 81.1%
2時間 857 1261897字 1,472.5字 86.0%
4時間 733 1011856字 1,380.4字 85.0%
総合 25911 19197937字 741.1字 72.7%

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:振り向けばそこに秋 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:937字
秋が近くなると、山の向こうから木々のざわめく音が、聞こえてくる。 遠く遠くのほうで落ち葉を踏み鳴らす子供の足音が、聞こえてくる。 からん、ころん。 すずやかな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:重い罪 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:463字
私は罪人なんだそうです。自分のことなのに他人事みたいに聞こえるかもしれませんが、自分に実感がないのでしょうがありません。 私は普通に生きてきたつもりでした。私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:今年の絵画 必須要素:イケメン 制限時間:2時間 読者:3 人 文字数:2314字
拝啓 新春の候、明美さまにおかれましては如何お過ごしでしょうか。 面白い年賀状をどうもありがとう。一応確認しておくけれど、これは虎なのよね? 新種の怪獣に見える 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:かたい正月 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:445字
ああ、かたいお餅、冷めたお雑煮、ただ騒がしいだけの正月特番、隙間風の入る炬燵、何もかも冴えないお正月だ。隙間風に負けぬよう炬燵の中の足をこすり合わせる。それでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
僕とバッハ ※未完
作者:匿名さん お題:僕と曲 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:334字
誰もいない部屋で樹生はか細くつぶやいた。 「もう、辞めよう」 幼いころは、神童とさえ呼ばれており、なんとか15年間続けてきたピアノもここ数年は思ったように実力 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:苦し紛れの伝承 制限時間:4時間 読者:2 人 文字数:3375字
涼しい店内から一歩外に出ると途端に暴力的なまでの暑さが襲ってくる。空には雲一つなく太陽は存分に光と熱を放射し続け、それに照らされたアスファルトが足元から炙って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:初めての勝利 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:662字
じゃんけんにどうしても勝てない。じゃんけんがめちゃくちゃ弱い。負けた記憶しかないので、いつだって手に入れたいものを手にできず辛酸を舐める日々だった。「僕、じゃ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:青い魔物 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:281字
「青い魔物…」彼女、レイラは困っていた。聞いたこともない。 「ねーねーミミー!」「何」ミミは私の大切な仲間だ。「青い魔物ってなーに?」「『ロッドスミッド』」「… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛と死の経験 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:588字
死んだ人間を見たことがあるか?と、セキが言った。俺の両親は葬式の手配でバタバタしているので、今、この部屋には俺とセキの二人しかいない。正確にはもう一人、俺の兄 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ワイルドな自動車 必須要素:ラストで死ぬ 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:2385字
ここのところ雨が続いたせいで飯田川は濁々として風情の欠片もない。草木の芽吹くまでしん、と静まり返って、雄大さを含みながらただ止まったように流れるあの姿が最早懐 〈続きを読む〉