匿名さんの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 17023 9347323字 549.3字 69.7%
30分 5878 5044374字 858.2字 74.6%
1時間 2187 2991676字 1,367.9字 80.7%
2時間 885 1294626字 1,462.9字 86.0%
4時間 755 1043578字 1,382.2字 84.9%
総合 26728 19721577字 738.0字 72.6%

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:アルパカの誰か 制限時間:4時間 読者:2 人 文字数:1632字
山々の峰から覗く雲がわき出し、明るかった空は、灰色に変貌していく 涙を流しているのかと思った。 萌葱色の草原の向こう、岩の合間に彼はいた。 放牧の道々に見知ら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:黒尽くめの罪人 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:221字
僕は闇夜に乗じて動く。闇に埋もれるように上から下まで全部黒。コーディネートとか買う服の選択にも困らない。すべて黒だからだ。 どうせ暗いんだから色なんてどうでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:振り向けばそこに夫 必須要素:豚骨ラーメン 制限時間:2時間 読者:18 人 文字数:1436字
人骨では駄目なのか。それは極端な例としても、牛骨や鳥骨で駄目な理由があるのか。 少なくとも鼠程度の小動物の骨では効率が悪かろう。何せ出汁をとるわけだから、十分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:少年の恋人 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:900字
「やぁ、今日も来てくれたね」 ベッドに横たわる少年の儚げな笑顔は風が吹けば飛びそうな程に軽くて。 その奥底にある苦痛が透けて見えそうなくらいだった。「最近はそこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:魅惑の旅行 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:685字
私は日々の疲れを癒やすために、ヨーロッパの方へ旅行に行った。それはそれはとても楽しくて、日々の嫌なことを全て忘れられた。この非日常的な生活を満喫していた時、事件 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:恥ずかしい彼氏 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:414字
「本当にすいませんでした!!!」そう言いながら彼が頭を下げる。この光景はもう100回は見ているだろう。「もうしません!一生誓います!」その言葉もすでに1000回 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:つらい列車 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:217字
この電車は珍しい。この電車には座席がない。いや、通勤時間中であれば珍しいことでもないと思う。だが、この電車には座席になるようなものがないのだ。あるのはだだっ広 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
なごり雪 ※未完
作者:匿名さん お題:誰かの粉雪 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:720字
俺の故郷の村は冬になると2mほど雪が積もる豪雪地帯だ。そのせいで村はあまり発展はしておらず人口は過疎化の一途を辿っている。若者は便利な都会に出ていきこの村にはめ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
灰色の探偵 ※未完
作者:匿名さん お題:灰色の探偵 必須要素: 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:495字
足の筋が痛んだ。伸びもしないスーツで動き回ったからだ。こんな使い方では長くは持たないな、と思いながら膝をさする。わずかに生地が薄くなっていた。高く飛び上がり右脚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:そ、それは・・・土地 必須要素:宗教 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:708字
生き物が生きるために「場所」を必要としなくなって五千年たちました。生き物たちは、五千年前のわたくしたちからすると、「情報」といった概念になって、ふわふわとそこい 〈続きを読む〉