ガイド ・すべての新着 ・バトル


ユーザーアイコン
作者:chiko2 お題:振り向けばそこに瞳 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:930字
私の事を誰も知らない場所に行きたい。それが私が家を出た理由の一つだった。それぐらい、私の故郷の町は小さかった。私が暮らしていたのは田舎町だった。日本でも有数の温 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:これはペンですか?違うわ、それは失踪 必須要素:パンツ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:1298字
他人の生活が覗けるとしたらどうする。別に罪悪感なんて感じる必要はないぞ。心の赴くままだ、背徳感なんてものがあるとすれば、それは徳に背くからなどではない。お前の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:簡単なオチ 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:465字
「はぁー最近目が悪くなったなぁ」 ため息を吐いた彼の名は眼画悪蔵。最近を眼が悪くなったことに思い悩んでいる。「あとモテてぇ……」 その他にも新しい高校生活が始ま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:臆病監督 お題:男同士の音 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:629字
私は男性成人向けの映像作品(通称:エロ動画)を見ることを趣味としている者である。 酒の席などで「男しかいないから」とついその事について溢してしまうと、男なら皆 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:臆病監督 お題:2つの秀才 必須要素:正月 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:486字
秀才というのは天才とは違う。どこが違うかについていえば、秀才は後天的なもの、天才は先天的なものである。もちろん、秀才になるためにもある程度の素質は問われるかも 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:はるちか お題:振り向けばそこに百合 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:1583字
防波堤に座って、僕はスニーカーを履いた足をぷらぷらと揺らした。スニーカーの白い靴紐がぱたぱたと揺れる下にはテトラポットがいくつも積み重なっており、ほんの数メート 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:誰かとプレゼント 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:535字
『自殺したら、天国に行けないんだよ?』 誰かが私に言った言葉が突如として思い出されて、ちょっと笑った。 高層のビルの屋上。その縁に私は立っていた。見下ろせばアリ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:誰かとプレゼント 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:707字
一歳の誕生日かわいいお人形。今はどこにあるんだろう。小学一年生の誕生日水色のランドセル、ほんとは赤が良かったかな。中学校一年生の誕生日マニキュア、お父さんは反対 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:君の耳 必須要素:即興小説のステマ 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1183字
小学校のころ、学校の全校集会で校長先生がこんなことを言っていた。「顔は自分で見ることができません。鏡を使わないとみることができません」とかなんとか。もちろん多く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
異能 ※未完
作者:ホノミ お題:真紅の怒りをまといし許し 必須要素:右肘 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:998字
かつての友人が撃った弾丸が右肘をかすった。どろどろと血が流れる。肉が抉れている気がする。見たら痛みを感じてしまう気がして怪我を見ずに、かつての友人を見つめていた 〈続きを読む〉