ガイド ・すべての新着 ・バトル


ユーザーアイコン
作者:戸田 さくや お題:小説の中の笑い声 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:301字
廊下を歩く音というのはかなり響く。相馬玲奈は一緒に来た三人の同級生達にも足音を立てないように合図を送った。「見つかったら停学とかになっちゃうのかなー……?」先 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
今日の夕方 ※未完
作者:戸田 さくや お題:でかい夕方 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:351字
「今日の夕方は小さい夕方やった」黄色い帽子をかぶった男の子が、父親であろう大柄な男性に手を引かれながらそう呟いた。「そうかー。今日は小さかったかー、明日はでかい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:ドイツ式のヒロイン 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:913字
ドイツから女性の新メンバーが来るらしい。 この知らせに、超科学戦隊サイレンジャーの面々はざわついた。 超科学戦隊サイレンジャーは、巨獣デスピアスの復活を企む「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕とコメディ 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:734字
ゆらゆらとサンマ焼きの煙が揺れている。夜空に向かって伸びてゆく。午後12時、もしくは午前0時。ベランダで焼いているサンマを二回ひっくり返したところで、トイレに向 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
森の王子 ※未完
作者:るね お題:運命の王子 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:179字
澄んだ瞳にスッと通った鼻梁、薄い唇は白皙にこれ以上なく美しいバランスで収まっていた。女のように長い髪が、絹のような煌めきを見せながら朝の森の風に吹かれていた。 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
粗筋 ※未完
作者:匿名さん お題:愛と死の強奪 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:260字
神は1人の人間を愛しました。 その人間には愛する人がいました。 しかし神はその全能の力をもって、人間を愛する人から引きはがしました。 神は誰もいない世界を創り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:どこかの人 お題:強い大雪 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1324字
それは偉大な神様の消しゴムに見えた。全てを覆い隠して、なかったことにしてくれそうなほどの積雪だった。凍てつく空気を大きく吸い込んで、鼻腔の痛みすら愛しく感じる。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:機械 お題:どうあがいてもヒロイン 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:1047字
所詮人生とはままならないものだ。鏑木とりこはもちろん普通の人間ではなかった。彼女はとある秘密結社のエージェントだった。その身に宿した特殊能力をもって組織の敵を屠 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:おいでよ小説合宿 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:1184字
また、えらいところに来てしまったぞ…。それがここに来た時の感想だった。 高校で小説の面白さに気づき、そのまま流れるように大学は短大のノベライズ科へ進んだ。大学 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やなゆー@カクヨム お題:今日の扉 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:822字
「なぁ、犬のキミ」「ラングドッサです」 私は背後からの声に訂正を決めつつ振り返る。犬と呼ばれるのは癪だが、イベリタは名前を知らないのだから致し方ないだろう。最も 〈続きを読む〉